恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
バーチャル図鑑

カマラサウルス
画面の上でマウスボタンをクリックしたまま、マウスを動かすことで標本を色々な角度からご覧になれます。
学  名:Camarasaurus supremus
分  類:爬虫綱 主竜亜綱 竜盤目(竜脚類)
時  代:約1億5700万〜1億4500万年前(ジュラ紀後期)
産  地:アメリカ ユタ
解  説:
背骨の中に中空の室をもつことから、「小室をもつトカゲ」という名前がついた植物食の恐竜で、他の竜脚類の恐竜にくらべて体が尾と首も短めで、厚みがあります。体長は18m以下で、体重は18トンと考えられています。口には、平らで厚いスプーンのような形の歯が48本ついていてます。

戻る
バーチャル図鑑
恐竜の標本
アンモナイトの標本
貝の標本
歯の標本
その他の標本
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2003年12月26日