恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
バーチャル図鑑

プロトケラトプス
画面の上でマウスボタンをクリックしたまま、マウスを動かすことで標本を色々な角度からご覧になれます。
学  名:Protoceratops andrewsi
分  類:爬虫綱 主竜亜綱 鳥盤目(角竜類)
時  代:中生代白亜紀後期の約8500万〜7700万年前
産  地:モンゴル 南ゴビ
解  説:
角竜の祖先と考えられている小型の恐竜で、トリケラトプスのように角はもっていませんが、くちばしと頭の後ろにフリルをもっています。歯と鋭いくちばしは硬い植物を切ることができたと考えられています。モンゴルや中国からは、産まれたばかりの赤ちゃんの化石もふくめたくさんの化石が発見されています。

戻る
バーチャル図鑑
恐竜の標本
アンモナイトの標本
貝の標本
歯の標本
その他の標本
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2003年12月26日