恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
バーチャル図鑑

ケナガマンモスの下アゴ
画面の上でマウスボタンをクリックしたまま、マウスを動かすことで標本を色々な角度からご覧になれます。
学  名:Mammuthus primigenius
分  類:哺乳綱 長鼻目
時  代:第四紀更新世(約35000年前)
産  地:ロシア シベリア
解  説:
マンモスは約400万年前にアフリカで生まれ、氷河時代を経て、約1万年前に絶滅したゾウの仲間で、8種類が知られています。アフリカからユーラシアと北アメリカにわたって温帯の草原で発展しました。ケナガマンモスは体じゅうが毛でおおわれ、肩までの高さが3mのやや小型の種類で、更新世後期に北半球の冷温帯草原からツンドラ地帯にすんでいました。シベリアでは永久凍土層から氷づけのものが発掘されることがあります。日本では北海道から発見されています。

戻る
バーチャル図鑑
恐竜の標本
アンモナイトの標本
貝の標本
歯の標本
その他の標本
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2003年12月26日