恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
導入展示

展示概要
展示マップ
エントランスホールから、エスカレーターに乗って、背骨のある動物(脊椎動物)が発展した約5億年前の古生代 デボン紀へと向かいます。
屋外展示
恐竜の造形
ケティオサウルス Cetiosaurus (左)
「クジラトカゲ」という名の竜脚類の恐竜で、体長14m以上になる。ジュラ紀中期〜後期(約1億8500万〜1億4000万年前)に西ヨーロッパと北アフリカに分布。

タルボサウルス Tarbosaurus (右)
「警告するトカゲ」という名の獣脚類の恐竜で、体長9mになる。白亜紀後期の最後の時期(約7800万〜7000万年前)にモンゴルを中心にアジアに分布。
エントランス
エントランス
私たち人類は、この地球の長い歴史のごく最近、今から約400万年前に現われ、地球の自然環境に守られて、現在という時空に生きています。3階の恐竜の世界へと、エスカレーターに乗って、現在から過去の旅にでます。
主な展示
ケティオサウルス(恐竜造形:屋外展示)
タルボサウルス(恐竜造形:屋外展示)
岩石(屋外展示)
大理石(イラン)
大理石(イタリア)
月長石花崗岩(ノルウェー)
花崗岩(フィンランド)
恐竜化石の発掘(トリケラトプス)
地球へようこそ(パネル)
地球と生命の記録(展示ケース)
写真(エスカレーター壁面展示)
縞状鉄鉱
ストロマトライト
エディアカラ動物群
三葉虫
さまざまな化石
エスカレーター(原生代から古生代へ)
このエスカレーターでは、約25億年前の原生代の地球から約4億年前の古生代デボン紀へむかいます。

エスカレーター
展示案内へ戻る
|
3階の展示へ進む
展示案内
導入展示
3階の展示
2階の展示
1階の展示
バーチャルツアー
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2015年01月27日
導入展示 1階の展示