恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
2階の展示

中生代の海
中生代の海
中生代は、地球上どこでも同じようにとても暖かく、海にはサンゴ礁がひろがり、魚竜やくびなが竜、海トカゲなどの爬虫類アンモナイトなどが繁栄していました。中生代の後半からは、大規模な火山活動、造山運動がさかんになり、海にも新しい時代にさかえる石灰質の殻をもつプランクトンや硬骨魚類などの生きものが出現してきました。
主な展示
三畳紀
赤色砂岩
セラタイテス
アカントセラタイテス
ジュラ紀
レイネシア
ダクチリオセラス
シマトフレビア
トリゴニア
白亜紀
頭足類の系統
プラセンチセラス
アカントセラス
アナパキディスカス
ポリプティコセラス
ゴウドリセラス
ユーパキディスカス
ジンボイセラス
ホプロスカフィテス
ニッポニテス
石灰岩
オルビトリナ
中生代の海
プレシオサウルス
ステノプテリギュウス
クシファクティヌス
モササウルスにかまれたアンモナイト
モササウルス
プラセンチセラス(アンモナイト)
クラドキクルス
2階の展示へ戻る
|
海から生まれた生命へ進む
展示案内
導入展示
3階の展示
2階の展示
中生代の海
海から生まれた生命
生きている化石
哺乳類の時代
氷期の世界
1階の展示
バーチャルツアー
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2013年03月03日