恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
3階の展示

展示概要
展示マップ
エスカレーターを上がった3階には、古生代(5億9000万年前から2億5000万年前)の魚や両生類が展示されている脊椎動物の発展コーナーがあり、つづいて陸上に進出した動物である爬虫類コーナーがあります。
古生代末には哺乳類の祖先とされる哺乳類型爬虫類が発展しましたが、地球環境の大きな変化により、その多くが絶滅しました。

ゲートをくぐると、そこは恐竜の世界
哺乳類型爬虫類が絶滅したあと、中生代 三畳紀(2億5000万年前から2億1000万年前)の終わりに恐竜が出現しました。
恐竜は二足歩行のできる爬虫類として生まれ、運動能力にすぐれ、陸上の支配者になりました。
導入展示へ戻る
|
脊椎動物の発展へ進む
展示案内
導入展示
3階の展示
脊椎動物の発展
恐竜の世界
2階の展示
1階の展示
バーチャルツアー
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2015年01月27日
恐竜の世界 脊椎動物の発展