恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 トップページへ
展示案内 研究業績 イベント情報 バーチャル図鑑 恐竜と化石のなぜ?なに? 教育支援プログラム アクセス・利用案内 よくあるご質問
2階の展示

脊椎動物の発展
脊椎動物の発展
生物は今から約35億年前に発生しましたが、ようやく約6億年前の古生代という時代になっていろいろな生物が現れてきました。背骨のある動物も最初のモデルはそれと同時に現れましたが、今から約4億年前のデボン紀という時代に発展しました。
主な展示
古生代デボン紀
地層と地質時代
植物の化石
魚類の系統
ボスリオレビス
プテリクチス
ヘリコプリオン
オステオレピス
パレオニスカス
アカンソーデス
パラムブリプテルス
プレウラ
両生類
セイムリア
マクロメレルペトン
ドビノサウルス
ブランキオサウルス
爬虫類
スクトサウルス
ディメトロドン
ディキノドン
エステメノスクス
イノストランケビア
3階の展示へ戻る
|
恐竜の世界へ進む
展示案内
導入展示
3階の展示
脊椎動物の発展
恐竜の世界
2階の展示
1階の展示
バーチャルツアー
海洋科学博物館ホームページへ お問合せ サイトマップ 前のページへ ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2013年03月03日