恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 faq
Question 有名な「化石争奪」っていったいなんですか?
Answer
1870年代の末に、アメリカのふたりの古生物学者が、北アメリカの西部から多くの新しい恐竜を発見し記載しました。しかし、ふたりの古生物学者はその後、恐竜化石の発見と記載で争うような対立関係になってしまいました。
そのふたりの古生物学者とは、フィラデルフィアのエドワード・ドリンカー・コープ【Edward Drinker Cope】(1840-1897)とエール大学のオーソニェル・チャーレス・マーシュ【Othniel Charles Marsh】(1831-1899)です。ふたりは最初友人だったのですが、彼らの「化石争奪」はついにもっとも有名なアメリカの新聞の第一面に載るほど激しく競い合いになりました。
彼らふたりと彼らの野外発掘チームによる激しい競争は、北アメリカ西部にある大規模に恐竜化石が出る地域でくりひろげられました。それは不幸な科学的な競争でしたが、反面たくさんのよい標本がそれによって収集されました。この競争のおかげで、それまで北アメリカでは9種類しか恐竜の化石が発見されていなかったのが、ふたり合わせて 136種類(マーシュ80種、コープ56種)になりました。そして、彼らの競争のおかげで恐竜の世界のことが飛躍的によくわかるようになりました。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年02月14日