恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 faq
Question どの恐竜がどの卵を生んだのか分かるのですか?
Answer
1923年にモンゴルの南ゴビのバヤンザクで、恐竜の卵化石が発見されました。発見当時、卵が出てくる地層からプロトケラトプスの化石がたくさん発見されたことから、プロトケラトプスが産んだ卵と考えられました。しかし、その70年後の1993年にこの卵の少なくともいくつかは、肉食恐竜のオヴィラプトルが産んだものであることが分かりました。それは、プロトケラトプスの卵といわれていたある卵化石の中から、オヴィラプトルの胚が発見されたからです。
オヴィラプトルは「卵泥棒」という意味の名前で、プロトケラトプスの卵を盗んでいただろうということで、名前がつきました。しかし、オヴィラプトルは卵を盗んでいたのではなく、オヴィラプトルは卵の親だったわけです。
現在、これ以外にも卵の化石から胚が発見された例がいくつかあります。たとえば、アメリカのモンタナ州のヒプシロホドン類のオロドロメウス、アラバマ州のカモノハシ竜ヒパクロサウルスなどがあります。
現在、恐竜の卵化石の研究は、卵の中に胚がなくても、殻のタイプや形、サイズ、殻の表面や断面、気孔の構造、巣における卵の配列などから、分類や同定が行われていて、現在300種以上の種類に分けられています。卵の分類でもっとも重要視されている要素は、殻の断面にみられる微細な結晶構造です。これは、殻を薄くカットして、スライドの上にのせて、光学顕微鏡や電子顕微鏡で観察します。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年02月14日