恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 faq
Question 恐竜の足跡の大きさは?
Answer
恐竜の足跡の大きさはさまざまで、その大きさの範囲は2.5p以下から1m以上です。もっとも大きい恐竜の足跡化石は、モロッコで発見されたある恐竜の足跡で、ほとんどが直径1.15mの長さがあり、それは30m以上にもなると思われる竜脚類のものと考えられています。
足跡の化石で注意することは、それが直接地面についた足跡か、または足跡がついたときの地面の下の地層が変形したものかどうかということです。後者の場合、跡の形があいまいで大きさは大きくなります。直接の足跡には指の跡など、足の裏の形が残っている場合があります。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年02月14日