恐竜のはくぶつかん 東海大学自然史博物館 faq
Question 恐竜の研究をするにはどのような大学またはどのような学部に進めばいいのでしょうか?
Answer
恐竜など、古生物学に関する研究は、本来生物学と地質学の学際的分野です。しかし、日本の多くの大学の生物学の教室で、古生物学を行っているところは多くありません。古生物学は、一般には地質学関係の大学で行なわれています。最近の名前でいうと、地球環境や地球科学系の学科となりますが、岩石学や地球物理学が中心の学科では古生物学をできる機会が少ないので、できるだけ層序学か古生物学の先生のいる大学を探してください。
古生物学といっても、微化石から無脊椎動物などもあり、古脊椎動物の先生がいないと恐竜に直接関することに接する機会は少ないと思います。日本の大学では、恐竜だけを研究している大学の研究者はいませんし、恐竜に関する授業を開講している大学もないと思います。
したがって、とりあえず地質学や化石の基礎、または生物学や解剖学の基礎を勉強できる学科に入学してください。そして、フィールドワークの中から地質学を体験的に学んでください。そのためには、は自分でそのような時間をつくれる大学に入ることを薦めます。なぜならば、大学は高校までのように先生から知識を教えてもらうところではなく、自分から勉強したり研究していくところです。したがって、基礎的な知識と研究経験ができる大学であれば、大学はどこでもよく、むしろ学部時代に地質学と生物学(古生物学)の基礎を培い、大学院に進むときに専門の研究ができるところを選ぶことを薦めます。
古脊椎動物学を学ぶには、生物、特に脊椎動物についての骨格や解剖学的な知識や技術が必要です。古脊椎動物学の研究者やそれを志す学生は、動物の死体を集めたり、それらの解剖や組み立て、また大変長い時間をかけて丹念に化石を探したり、発掘したり、化石をクリーニングしたりしています。彼らは、泥まみれ、血まみれ、ゴミまみれで、大変に長い時間をかけて仕事をしています。しかし、現在の日本ではこのような研究では就職も限られ、経済的にも恵まれない場合があります。
ちなみに、東海大学では海洋学部に海洋資源学科があり、その学科では地質学や古生物学を学ぶことができます。また、この自然史博物館でも実習することができます。
なお、アメリカやヨーロッパでは、恐竜の研究者がいる大学もありますので、留学するのもひとつの方法と思います。もちろん、日本の大学を卒業して、大学院へ進学する時に外国留学することもできると思います。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年02月14日