地質年代表

新生代
第四紀
第三紀
白亜紀
中生代
ジュラ紀
三畳紀
ペルム紀
石炭紀
古生代
デボン紀
シルル紀
オルドビス紀
カンブリア紀
先カンブリア代
中生代
(今から2億2500万年前から6500万年前まで)
中生代は地球全体の気候は暖かく、陸上にソテツなどの裸子植物や恐竜が繁栄しました。海には魚竜や首長竜、空に翼竜などのハ虫類とアンモナイトが繁栄しました。中生代の後半からは、大規模な火山活動や海面の変化があり、現在の海と陸の地形ができはじめました。また、生物では、つぎの新生代に栄える被子植物や鳥、ホ乳類などの生物が出現してきました。それにともなって恐竜の種類も変化し、中生代の最後には恐竜やアンモナイトなどが絶滅しました。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年12月24日