地質年代表

新生代
第四紀
第三紀
白亜紀
中生代
ジュラ紀
三畳紀
ペルム紀
石炭紀
古生代
デボン紀
シルル紀
オルドビス紀
カンブリア紀
先カンブリア代
新生代
(今から6500万年前から現在)
アルプスの地質が最初に調べられたときに、その地層の年代を第一紀、第二紀、第三紀、第四紀と分けられました。そのうち、新生代にあたる第三紀と第四紀が今でも地質年代として使われています。新生代は現在をふくむ地質時代で、植物では草が繁栄し、動物ではホ乳類と鳥類が繁栄しました。新生代の後半には、高原や山脈ができ、草原が広がり、草原に住むホ乳類が繁栄しました。そして人類も生まれました。新生代の後半になると南極大陸に氷河が発達し、だんだんと地球は寒くなりました。今から約2万年前にはもっとも寒い時期(氷河期)がありました。
閉じる
ページトップへ
Copyright (c) Social Education Center TOKAI University All rights reserved. 最終更新日:2004年12月24日