東海大学自然史博物館|静岡 三保の博物館

Langage
メニューを閉じる
お知らせ

最新情報をお知らせします

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 干支の生き物 ” 丑 ” -干支(うし)にちなんだ動物・植物- 開催のお知らせ(終了しました)
news
両館共通

干支の生き物 ” 丑 ” -干支(うし)にちなんだ動物・植物- 開催のお知らせ(終了しました)

『干支の生き物 ” 丑 ” -干支(うし)にちなんだ動物・植物-』 開催のお知らせ

2021年も海洋学部博物館では、新年の恒例展示となっているその年の干支にちなんだ生きものの特別展示を行います。
2021年の干支は『丑』…ウシです。海洋科学・自然史両博物館でウシにちなんだ生きものたちの展示を行い、その諸説ある由来などを紹介します。おめでたい新年の展示を是非ご覧ください。

◆海洋科学博物館 -干支にちなんだ海の生きもの-

   
コンゴウフグ               ミシマオコゼ 

英名で「Longhorn Cowfish(長い角を持つ牛魚)」と呼ばれるコンゴウフグや「ウシ」と呼ぶ地域があるミシマオコゼなどの展示を予定しています。※生物の状態により展示内容を変更することがあります。      

開催場所 海洋科学博物館1階 
開催期間 2021年1月1日(金・祝)~11日(月・祝)
料金 入館料のみ

 ◆自然史博物館 -干支にちなんだ陸の生きもの-

  
クノウマイマイ            エゴヒゲナガゾウムシ

カタツムリは漢字で「蝸牛」です。久能山や三保半島に生息するカタツムリの一種クノウマイマイや別名ウシヅラヒゲナガゾウムシと呼ばれるエゴヒゲナガゾウムシなどの展示を予定しています。※生物の状態により展示内容を変更することがあります。      

開催場所 自然史博物館1階 
開催期間 2021年1月1日(金・祝)~11日(月・祝)
料金 入館料のみ