東海大学自然史博物館|静岡 三保の博物館

Langage
メニューを閉じる
お知らせ

最新情報をお知らせします

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【参加者若干名追加募集】シンポジウム【東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』】
news
両館共通

【参加者若干名追加募集】シンポジウム【東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』】

海のはくぶつかんシンポジウム
東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』(※若干名の参加者追加募集)

   

☆定員まで若干の空きがあるため、参加申込を3月19日(日 ※必着)まで延長します。
※結果連絡がシンポジウム直前となる場合があります。予めご了承の上、お申し込みください。


〇内容 ※事情により内容の一部を変更することがあります。

1.シンポジウム【東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』】

東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』をテーマに、東海大学海洋学部博物館の館長、学芸員、東海大学海洋学部の教員が各々の専門に関連した内容について講演します。

〇講演題目(計5題を予定)

基調講演「海洋科学博物館のこれまでとこれから―新たな飛躍に向けて―(東海大学海洋学部博物館館長 村山 司)」
講  演「ラブカの飼育にチャレンジする海洋科学博物館と大学の研究(東海大学海洋学部准教授 堀江 琢)」
講  演「博物館と海洋環境問題・環境教育〜駿河湾にもマイクロプラスチックは浮いているのか?〜(東海大学海洋学部准教授 廣瀬 慎美子)」
講  演「標本を集め続けて3万点!50年の軌跡と今後の展望(東海大学海洋学部博物館学芸員 冨山 晋一)」
講  演「海洋科学博物館の繁殖研究のあゆみ(東海大学海洋学部博物館学芸員 犬木 義文)」 

2.バックヤードツアー【老舗水族館バックヤードが語る水族館の歴史】

シンポジウム参加者を対象に、東海大学海洋科学博物館のバックヤードをご案内します。

※シンポジウムに参加ご希望の方は、下記募集要項をご覧の上、お申込みください。


◇パネル展示【写真で振り返る東海大学海洋科学博物館の歴史】

2023年3月18日(土)~31日(金)の期間中、海洋科学博物館講堂前にて海洋科学博物館の歴史を写真と共に振り返るパネル展を開催します。

※パネル展は、展示期間中入館料のみでどなたでもご覧いただけます。


〇シンポジウム募集要項

日  時  2023年3月26日(日) 13:00~16:10(終了予定)
場  所  東海大学海洋科学博物館 1階講堂
募集定員  70名(郵送受付先着順
参 加 費

 1,800円(入館料含む。参加当日に受付へ納めてください。)

対  象  高校生以上
申込方法  参加希望者は、下の応募用紙(pdf)にある参加申込書に必要事項を記入の上、各自で博物館へ郵送してください。申込書1枚につき1名様の申し込みとなります。
 ※イベントに関わる新型コロナウイルス感染症対策の詳細(応募用紙2ページ)を必ずご一読ください。
締  切  2023年3月12日(日)(必着) ※定員に達した場合は、申込締切前でも申込. 受付を締め切ります。
応募に関する
問い合わせ先

 東海大学海洋学部博物館 
 〒424-8620 静岡県静岡市清水区三保2389  Tel : 054-334-2385(火曜日を除く9:00~17:00まで)


東海大学海洋科学博物館の『これまで』と『これから』応募用紙

* お客様の個人情報は本行事の運営上の手続きに必要な場合のみ使用します。
* 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、検温・消毒・マスクの着用にご協力いただきます。
* 新型コロナウイルス感染症の状況次第では、開催を中止する場合があります。予めご了承ください。