東海大学自然史博物館|静岡 三保の博物館

Langage
メニューを閉じる
館内案内

色々な展示をご紹介します

  1. ホーム
  2. 館内案内
  3. 氷期の世界

氷期の世界

新生代に入り、恐竜が絶滅、哺乳類の大発展へ。

このコーナーでは、ウルム氷期に繁栄した動物を展示しています。まず、大きなケナガマンモスの骨格標本が目に跳び込んできます。また、サーベルタイガーやケサイの化石なども展示しています。ケサイの化石は触ることもできます。その右側には、角の広がりが2.5m、肩までの高さが2mもある大きなオオツノジカの骨格標本を展示してあります。
コーナーの最後には、ステラーカイギュウの完全骨格を展示しています。ステラーカイギュウは現在では絶滅しているため完全な状態で残っている標本が少なく、研究者が計測に訪れることもあります。

  • オオツノジカ

  • ステラーカイギュウ

このコーナーの見どころ

マンモスの骨格をバックに写真を撮ろう!

マンモスの前で格好いいポーズで写真を撮ろう!

このコーナーで人気なケナガマンモスの骨格は人気の写真撮影用のスポットになっています。迫力満点のケナガマンモスの前でぜひ、記念写真を撮ってください。